ケトジェニックダイエットを行っていると、自分が本当にケトン体質に変われたのか気になる方も多いと思います。

そこで、自分がケトン体かどうかチェックする方法をご紹介したいと思います。

ただいずれの方法にせよ、何らかの道具か器具は必要になる上にコストも高めなので、無理に測る必要はありません。

ケトン測定器で測ってみる

ブレスチェッカーのような測定器で、息を吹きかけて測定するなど使い方もよく似ています。

送料も含めたら約7千円もするのが難点ですが、通販で手軽に買えるのがメリットです。

ケトン測定器の使い方は

  1. 装置の電源が入るまでボタンを3秒間押し続ける
  2. ウォームアップのために20秒のカウントダウンを待つ
  3. 吹き込み口ノズルを6秒間押す
  4. 吹き込み口に息を吹きかける
  5. 検査結果が画面に表示

~と簡単に使うことができます。

そして表示された値は以下の通りになります。

数値 状態
0.0 まだケトン体ではない
0.1~0.5 ケトン体になりかけ
0.5~3.0 完全なケトン体
3.0~5.0 軽い飢餓状態
5.0~ 危険につき治療が必要

数値が0.5を越えたあたりからケトン体に突入です。 なお1.0を越える必要はなく、3.0とかやり過ぎるとかえって不健康なので気をつけたいところです。

ちなみに、この測定器はヤフーショッピングで売っている「ブレスチェッカーketosis」というものです。 amazonや楽天では取り扱っていませんでした。

ケトン体試験紙でチェックする

あと、ケトン体試験紙で尿中のケトン体をチェックすることができます。 ケトン体が出ている場合、ケトン体試験紙の「ウロペーパーⅢ」に尿をかければ濃い紫色に変色します。

ケトン体が濃ければ濃いほど紫色も濃くなります。

ただ、この「ウロペーパーⅢ」は特殊なので、薬剤師をおいている薬局でのみ注文で購入が可能です。

なので、一般的にはケトン体測定器で測るのが無難です。

いちいち測定しなくても、簡単にケトジェニックをしてみたいという方には「ケトジェンヌ」というサプリがおすすめです。