ケトジェニックダイエットに臨む場合、糖質を減らす代わりにタンパク質をたくさん摂るのが鉄則です。

しかし、ケトジェニックをサプリで行う場合、タンパク質の量は正直あまり気にしなくていいのをご存知ですか?

ケトジェンヌなら無理にタンパク質を摂らなくて大丈夫!

ケトジェニックダイエットといえば、糖質をタンパク質に置き換えた食生活で、自分の体をケトン体質(ケトーシス)に変えるダイエット方です。

しかし、「ケトジェンヌ」というサプリの場合は、ケトン体そのものが直接摂れてしまうので、糖質をタンパク質に置き換える必要がありません。

ただし、少しでも糖質をタンパク質に置き換えられたら、ケトーシスへの到達がより早まる可能性大です。

サプリなしのケトジェニックならタンパク質の量に注意

ケトジェニックダイエットではたんぱく質をたくさん摂ればいいと言われますが、実際のところ、たんぱく質は1日の摂取カロリーの8%もあれば十分です。

むしろ、過剰にタンパク質を摂り続ければ体内のバランスが酸性に傾くので、筋肉が造成されにくいだけでなくカルシウムが減少する恐れもあります。

プロテインはケトジェニックに向いていない?

「筋肉のためのタンパク質」と言えば、「プロテイン」を思い浮かべる方も多いと思います。

たしかに、「プロテイン」の原料は大豆なので、タンパク質がメインであることは間違っていませんが、よく見ると糖質である炭水化物も含まれています。

あくまでも「プロテイン」は筋肉のための食品であって、ケトジェニックのサポート食品ではないわけですよね。

よって、ケトジェニックのタンパク質摂取で「プロテイン」に頼っても、効果はあまりないので注意してしましょう。

私も使っている「ケトジェンヌ」というサプリなら、タンパク質の量とか関係なくケトン体そのものを摂取できます。

よかったら参考にしてください。